検疫所の医師の面接対策は?

検疫所求人TOP >> FAQ >> 検疫所の医師の面接対策は?

検疫所の医師の面接対策は?

検疫所の医師になるためには、一次試験とされる履歴書の送付やレポートの送付に通過をし、その上で2次試験である面接試験に望まなければなりません。ということは、面接対策を行う必要があるでしょう。一般的な医療機関などの場合、その規模などにもよりますが、ある程度に応募条件であるドクターの知識やスキルを有していれば、面接の場というのは雑談程度であったり、待遇面の確認や交渉の場といった要素が大きいものです。

しかしながら、検疫所の医師の場合には、同様に人材不足の傾向が見られ、売り手市場の傾向があるものの、前述のような軽い雑談のような面接にはならないという傾向が見られます。検疫所の医師の仕事は、やはり一般的な医療機関の医師の仕事とは違っており、そこには生命の危機すら生じることになるからです。志望動機などに関しては、本当に精査されると思って良いでしょう。面接の中でアピールしたいのは、使命感を持っている人材であるということです。

検疫所の医師の給与や勤務時間といった待遇面は、国家公務員医師であるものの、そこまで優遇されているというわけではありません。こういった場合、やはり大事になってくるのは、この仕事に対しての興味や関心。更には使命感といったものが、最も重要視される部分といえるでしょう。採用してもすぐに離職をされてしまうのであれば、まったくの時間の無駄ですし、コストも掛かってしまいます。人材不足だからこそ、こういった事態は避けたいと思うのは当然のことでしょう。

更に勤務地です。検疫所の医師の勤務先は、各空港などになりますから、基本的には山の中や海の近くとなり、基本的には一般的な住宅エリアからみると、僻地と言っても過言ではない所に立地していることが多く、出退勤などが意外と大変なことが多いわけです。こういった要素が多く含まれているからこそ、検疫所の医師への志望動機は非常に重要視されます。

そして公務員特有の転勤が多いということ。住み慣れた地元を離れなければならないというケースも少なくありませんから、こういったことがあっても、検疫所の医師になりたいという意思表示を面接の中で行なっていく必要があるでしょう。他にも検疫所の医師として採用されるために、面接の際に必要とされる対策は豊富に存在します。こういったものは、医師転職に特化した転職エージェントに登録をして確認しましょう。検疫所の医師がどのような環境にあり、どういった仕事をし、役割を担っているのかを把握できれば、自ずと面接への臨み方は見えてくるのですから。

検疫所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 検疫所の医師募集ガイド All Rights Reserved.