検疫所の医師の年収相場は?

検疫所求人TOP >> FAQ >> 検疫所の医師の年収相場は?

検疫所の医師の年収相場は?

検疫所の医師に転職をしたいと望んでいる方でも、やはり検疫所の医師の年収や給与はどのようになっているのかは気になることでしょう。感染症などを海外に出さないとか、国内に持ち込ませないということから、やりがいというものは非常に高い医師の職種になりますから、やりがいは高く感じられるでしょうが、生活をしていけないではお話になりません。一般的に検疫所の医師は国家公務員に分類されます。つまりは公務員医師としてその地位を確立することが出来るということです。

国家公務員医師の給与は、医師職俸給表の範囲内で決定されます。国家公務員の医師の年収はあまり公開されていませんが、推定の平均値は存在しています。推定年俸で1164万円前後となっています。これを月収に換算すると70万円となっており、平均俸給が70万円前後プラスされるようになっています。ボーネスは300万円前後となっておりかなり優遇されているといえるでしょう。

どのようなジャンルの仕事でも、民間よりも公務員の方が給与が高いということが言われていますが、基本的に公務員医師という枠組みで考えた場合には、公務員の方が安定をしており、300万円から400万円前後の給与差があるとされています。これは民間病院と国立病院勤務のドクターの給与差になりますが、民間の医療機関のドクターの平均給与が1100万円に対して、公共病院のドクターの給与は1400万円とされています。しかしながら前述にもある通り、検疫所のドクターの給与は1164万円が平均給与ですから、そこまで民間病院のドクターの年収と変わらないということになります。

ただし、実際に出されている検疫所の求人などを見ても、年齢や経験に応じて考慮という風になっていますから、転職を希望されているドクターの経験やスキルによっては、一般的な公共病院のドクター並みの年収を獲得することも可能でしょう。基本的には前述にもある通り、医師職俸給表の中に明記されていますから、その範囲内の給与がもたらされる可能性が誰にでもあるということです。

こういった情報を獲得するには、転職エージェントに登録をするのが一番です。医療業界はもちろん、あまりその内情が見えない公務員職の内情などもしっかりと掴んでいる所が多いため、非常に参考になる情報を獲得することが出来るでしょう。厚生労働省の職員になるわけですから、基本的には公務員試験の対策は立てておきたい所ですし、受験勉強のノウハウも紹介してくれることでしょう。

検疫所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 検疫所の医師募集ガイド All Rights Reserved.