検疫所の医師の転職の現状は?

検疫所求人TOP >> FAQ >> 検疫所の医師の転職の現状は?

検疫所の医師の転職の現状は?

検疫所の医師への転職を考えた場合、やはり気になるのはその現状といえるのではないでしょうか。それでなくても検疫所の医師の情報というのは、一般的な医療機関のドクターと比較して、情報量が少なく何気に閉ざされている医師の転職先の1つになります。ですから、現状を知ることで、本当に一般の医療機関ではなく、検疫所という転職先を選択することが自身に正しいことなのかを判断すべきでしょう。

検疫所の医師の役割は、感染者を日本の世の中へと解き放たないこと。そして感染者を海外へと出さないことが挙げられます。もしも感染者が存在している場合、自身がその感染症に感染してしまう可能性があり、こういった意味では命がけの仕事を行うことになります。しかしながら、命がけの医師の仕事としては、一般病院のドクターの年収よりも低い傾向があり、残念ながらそれに見合っていると感じているドクターはごくわずかしかいないというのが現状です。

それではどうして検疫所の医師として働いているのかといえば、そこには日本を守っているという高い使命感ややりがいといったものを感じるからなのです。年収などの待遇面を重要視しているのであれば、決して満足出来る待遇は受けられないというのが、検疫所の医師の現状なのです。しかしながら、一般的な医療機関の医師の仕事をするよりもはるかに高いやりがいを感じる事が出来るのも、検疫所の医師の現状になります。

大規模な医療機関では一日に何百という患者さんを診察する可能性も高いですが、検疫所の医師の場合には、数が圧倒的に違っています。特に国内線の主要空港になっているような空港や、日本の玄関口になっているような国際空港などの検疫所の場合には、何千、何万といったようなに人間を相手にする必要が出てきます。このため検疫所の医師の需要は高く、それなりの人数で診察などを行いますが、それでも一般的な病院やクリニックと比較しても相手にする人間の数が桁1つは違っているというのが現状になります。

何気に激務であり、その上で命の危険性があるのが現状といえば、ちょっと転職を考えるという方が多いかもしれませんが、ほとんどの場合、命の危険があるほどの感染症に掛かって帰路につく人間は、ほとんど稀です。とはいうものの、ゼロではありませんから、しっかりとこういった現状を踏まえた上で、転職活動を行なっていきましょう。このような検疫所の医師が置かれている現状を転職活動前に転職エージェントなどでしっかりと確認しておきましょう。

検疫所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 検疫所の医師募集ガイド All Rights Reserved.